MATSUI Online Store
商品更新日2007年3月6日

カフェカーテン(19)
チュールレース
ギュピールレース
目隠し
吊り丈で選ぶ
レースの窓絵(8)
レースのリボン(4)
小物・雑貨
既製カフェカーテン(4)
テーブルランプ(5)
テーブルクロス・ドイリー(19)


薔薇とレース

地震対策! 
食器棚にもリボン


初めにお読みください

商品一覧

生地の測り方

お勧めスタイル


お買い物方法

ご注文からお届けまでの流れ

決済・配送・送料

お届けまでの日数

返品について

キャンペーン情報

特定商取引に関する法律に基づく表示

お客様の個人情報の取扱について

会社情報

お問い合わせ


 
お勧めのカフェカーテンスタイル

カフェカーテンを窓のどの位地に飾るかによってお部屋の印象はかなり変わってきます。一般的な短めのカーテンで目隠しするようなスタイルや目隠しにこだわらない、窓を装飾するスタイルなどアレンジは無限大です。

小窓のみならずリビングやダイニングには大胆な色調・柄のドレープカーテンとの組み合わせもお勧めしています。ヨーロッパの高級リゾート地を彷彿させるような心癒される窓辺の演出も可能です。

ドレープカーテンについては高の原店までお問い合わせください。


目隠しとして一番多く吊られているスタイル。上部と下部のガラスの見え方のバランスがセンスの見せ所です。
長めのレースをスタイルカーテンに見立てて吊ってみました。裾の幅広なマクラメ模様を生かすなら下部にガラスが見えるスタイルがお勧め。
上部にレースの窓絵を配したもの。ドイツでは柄のレース以外にも窓用の絵の具で絵を描いたり、ガラス製の球などを飾っています。
カフェカーテンの2重使い。同じデザインの丈違いを配するのもヨーロッパスタイル。
出窓にもカフェカーテンを配してみませんか。当店ではお好みのサイズのオーダー切り売りなので、大きな窓辺にも好みのレースをお好きな長さだけ飾ることができます。(1反の長さに限りがございますので必ずしもご希望に添えないことがあります。)

ワイヤーレールなどを利用すれば曲線の窓辺にも大好きなレースを飾ることができます。

幾つかのデザインではカーテンレールを利用して取り付けられるものもございます。詳しくはメールまたはお電話にてお問い合わせください。


プラウエンレースの地元では各家庭で競って美しい窓辺を演出しています。理想の窓辺をさがしてみませんか。

詳しくはこちら「ヨーロッパ窓紀行東部ドイツ編